オンラインカジノのビデオスロットのデータを分析

トリプセブン

オンラインカジノで人気があるのはやはりビデオスロットですが、なるべく負けないようにせるためにはゲーム性を分析し、相性の良いタイプを選ぶのがおすすめです。基本的にはビデオスロットはフリースピンを当ててそこで高配当を狙うことになりますが、この確率や荒らさなどはそれぞれ異なるので、データを取っておくと何となくわかってきます。
中には確率が明らかにされていたり、ボラリティの高さをランクで示していたりするスロットもありますが、ない場合の方が多いです。したがって、自分でデータを取ることはそれらがない機種の特徴を掴むことに繋がるので無駄になりません。分析といってもプログラム解析をすることはできないので、個人でやれることは回した時のデータになります。

予め大体の機種で公開されているのは還元率で、これも機種選びの参考にできます。当然この数字が高い方が勝ちやすくなりますので、迷ったら高い数字の機種を選ぶと良いでしょう。 100を超えている機種はないので、理論上はどれを選択しても負けることになります。
ただ、引き際をきちんとわきまえていれば、大きく浮きが生じた時にやめてプラスにできている方もいます。機種の特性を知っておけば、勝ち金が飲まれそうかどうかもわかるので、この引き際の判断がしやすくなるので、やはり分析しておくことは重要です。

一般サイトでも、個人でこれをまとめているサイトもあるので、自分でデータを取るのが面倒な方は参考にしてください。これは機種選びの参考にすることもできますし、ゲーム性を知っておけば楽しめるポイントも増えるので退屈しません。収支だけはしっかり残しておくことで、無駄な投資を減らせるので、収支を付けるくせはつけた方が良いです。

ジャックポット

マカオのカジノではアメリカのドルは使えるのか

ドル紙幣

マカオといえば、もともとはポルトガルの植民地であったものが中国に返還された土地です。ポルトガルの支配にあったときからカジノ産業は賑わっており、返還後も世界に名だたるカジノ都市として発展しています。そこで海外からカジノ話を遊びたいと観光に行くとき、使えるお金について確認しておかなければいけません。

アメリカに住んでいる人や海外旅行を良くする人であれば、アメリカのドルを持っているでしょうからそれが使えれば便利ですが、残念ながら使えません。マカオのカジノで使えるのは香港ドルか、独自の通貨であるパタカです。ですから、アメリカのドルはそれらの通貨に両替してもらわなければいけません。 ただ、事前に両替をしなくても、カジノ内に両替所があります。日本やマカオの市内で両替をするよりもレートが良いですから遊ぶ直前に替えても大丈夫です。

注意点としてアメリカのドルには偽札も多く出回っており、マカオでもその存在が確認されています。そのため、使い込んで汚れているものだとカジノ内の両替所では受け付けてくれない可能性もあります。もし、手持ちの紙幣に問題がありそうならば、事前に香港ドルかパタカを用意しておく方が安心です。

女性

香港ドルあるいはパタカに両替をしてチップと交換すると、どちらの通貨を使ったのかが色でわかります。チップは最終的に換金しますが、現金にした後のことを考えると便利なのは香港ドルです。香港ドルであれば、世界中で両替ができますからいつでもアメリカのドルにできます。 一方でパタカにしてしまうとマカオの外では両替してくれない可能性がありますから、持って帰っても再びマカオを訪れるまではただの荷物になってしまいます。パタカでゲームを遊んだときには、マカオを離れる前に両替をしておくべきです。